ケースの読み方に関して

Home / ゼミに参加する / ケースの読み方に関して

○ケースとは

ゼミでは、毎月ケースと呼ばれる10~20ページほどの文章をもとにディスカッションします。ケースは、医療制度の説明から南米のテレビ会社の社長の体験談まで様々ですが、すべてハーバード大学のMBAで使われているテキストです。(スタッフが日本語に訳しています。)ハーバードのMBAと言われると敷居が高いと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、スタッフ全力でがサポートします!

 

○ケースの読み方について

ゼミは授業ではないため、ケースの中から大事な論点を探すことよりも、みなさん自身がケースを読んで疑問に感じたことが大事だと、ゼミでは考えております。ゼミ中も、リスクフリーの精神をモットーに、一人でも多くの参加者に発言をして頂くことで議論に参加して頂くことを大切にしております。とはいえ、ケースの理解に不安があるとゼミのディスカッションに不安を感じてしまうこともあると思いますので、考えながらケースをご覧になると理解が進むであろうポイントをまとめてみました。

ゼミでは、ケースの理解に不安がある方を対象に、学生スタッフがプレゼミを開催しております。プレゼミでは、単語の意味確認や、現状把握など、理解が難しいところを中心に、グループワークを交え、解説・ディスカッションしていきます。プレゼミは、本ゼミと同じ場所で本ゼミ開始の1時間前(15時)から50分行っています。ぜひご参加もご検討ください。(申し込み不要 本ゼミ参加者以外の方は参加できません)