山本雄士プロフィール

Home / Aboutー山本雄士ゼミとは / 山本雄士プロフィール

1974年札幌市生まれ。1999年東京大学医学部を卒業後、同付属病院、都立病院などで循環器内科、救急医療などに従事。2007年Harvard Business School修了。

現在、株式会社ミナケア代表取締役、ソニーコンピュータサイエンス研究所リサーチャー、慶應義塾大学クリニカルリサーチセンター客員准教授、公益財団法人日本医療機能評価機構客員研究員を兼任。ヘルスケア全体のシステムマネジメントを中心に、政策提言や講演活動を国内外で行う。また、教育活動として山本雄士ゼミを主宰している。日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医。

共著書に「病院経営のしくみ」(日本医療企画)、訳書に「医療戦略の本質」(マイケル・E・ポーターら、日経BP社)、「奇跡は起こせる」(ジョン・クラウリー著、宝島社)などがある。

詳しくは、山本雄士公式ウェブサイトをご覧ください。

山本雄士先生からのコメント

医療を放っておけない、何かしたいと思いながら、自分に何ができるのか、何をしたらいいのかわからずに立ち止まっている人たちに向けて、ゼミを開きました。

医療を上手にやりくりする(マネジメント)ことは、これからの時代に非常に重要です。そして、そのためには自分自身のマネジメントも不可欠です。このゼミを通して、そうした考え方やスキルを身につけましょう。

ゼミのスタイルはディスカッション形式です。その中身も、問題の指摘ではなく解決への行動を起こせるような思考力、実行力をお互いに育てていくことが主眼です。

つまり、全員、主役。全員、教師。全員、生徒。全員、リーダー。

あなたの悩みがお互いの糧になり、あなたの参加がこれからのヘルスケアを拓きます。この時間を、皆で楽しみましょう!