山本雄士ゼミ
あなたと医療とマネジメントと
ケーススタディーを通じて
これからのヘルスケアをリードする人材を育成する
2016年度 前期第4回申し込み開始

医療に取り組みたい、担いたいと思っている人へ

山本雄士ゼミ

変化する時代

医療技術が目覚ましく発展する一方、史上類を見ない人口構成の変化が起きつつある現代では、新たな医療のあり方が問われています。医療の質と量とのバランスの取り方、制度の持続性、医療機関の経営や労働環境の改善等、複雑かつ多くの課題を解決していくためには、医学にとどまらない知識とスキルを持った人材が、医療の本来の意義を見つめなおし、これからのヘルスケア業界をリードする必要があります。

人材育成

山本雄士ゼミでは、そうした人材を育成すべく、ハーバードビジネススクールで実際に使われているケースを用いたケーススタディーを行っています。参加者は、山本先生のファシリテーションと参加者同士のディスカッションとを通じて、ケースに対する理解を深め、自らが見出した問題点と解決策を具体性をもった戦略へと昇華させていきます。

キャリア形成

また、ケースを通じて医療業界の基本構造や経済の原理原則等を学ぶほか、マネジメント手法や医療における自身のキャリア設計にも役立つ知見を得ることができます。

医療に限らず幅広い分野や多様な世代からの参加も当ゼミの特徴で、業界、世代を問わず多くの方々が学び、仲間と出会い、刺激しあう場としても人気があります。

新着情報

山本雄士先生から

医療を放っておけない、何かしたいと思いながら、自分に何ができるのか、何をしたらいいのかわからずに立ち止まっている人たちに向けて、このゼミを開きました。

医療を上手にやりくりする(マネジメント)ことは、これからの時代に非常に重要です。そして、そのためには自分自身のマネジメントも不可欠です。このゼミを通して、そうした考え方やスキルを身につけましょう。

ゼミのスタイルはディスカッション形式です。その中身も、問題の指摘ではなく解決への行動を起こせるような思考力、実行力をお互いに育てていくことが主眼です。

つまり、全員、主役。全員、教師。全員、生徒。全員、リーダー。

あなたの悩みがお互いの糧になり、あなたの参加がこれからのヘルスケアを拓きます。この時間を、皆で楽しみましょう。

あなたも是非、山本雄士ゼミに参加してみませんか。